トップページへ        ケンちゃんの学習日誌小学6年生へ        

ケンちゃんのテスト結果


○ケンちゃんのテスト結果を公開したのは、Q&Aの「学習塾には、いつから通わせればよいですか?」やコラムの「学力低下と癌」などにも書いていますが、一人でも多くのお母さんが、子供たちに学力診断テストを受けさせてほしいからです。それは、このサイトを立ち上げた理由のひとつでもある、「お母さんが、子供たちの学力を正しく把握して、我が子が勉強に自信をなくす前に、救いの手を差し伸べてあげてほしい。」という思いにつながっています。

(ケンちゃんが受験しているのは、中学受験をしない生徒用の教科書準拠のテストです。)


小6の2月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 84点 68点 61 445/3161
算数 70点 67点 51 1421/3177
2科目 154点 136点 56 901/3155
理科 86点 71点 58 279/1229
社会 74点 64点 56 343/1230
4科目 314点 274点 57 320/1226

○小学生として最後のテストになりましたが、算数が少しコケた結果になりました。社会が久々に偏差値55を超えたので、全科目偏差値55超えのチャンスだったのですが残念ながら算数が足を引っ張る形になりました^^;。

 国語については、偏差値は61ありますが、随筆の読解で失点が多くありました。また、漢字も2題間違えており、なかなか満点が取れません。今はやっていませんが、漢字のトレーニングを頑張る必要があります。

 算数は、前回のテスト結果が良かった分、油断したようです。そのゆるんだ気持ちがそのまま点数に出ています。小学生最後のテストでしたので、目標の偏差値55を超えてほしかったのですが、残念な結果になりました。今回のことを教訓にして、常に油断なく取り組んでほしいものです。

 2科目合計では154点で偏差値は56となり、目標の偏差値は超えていますが、国語に助けてもらった形ですので、喜ぶことは出来ません。

 理科は、素点が86点もあるので良い結果だと思いますが、平均点が70点を超えているので、偏差値は60を超えることが出来ませんでした。

 社会は、久々に偏差値55を超えました。点数を見た限りでは偏差値55超えは難しいかもしれないと考えていたので嬉しい誤算です。ただし、単元による差が大きいので、まだまだ苦手分野の強化が必要です。

 4科目合計では、314点で偏差値57という結果でした。前回に比べると見劣りしますが、算数以外は充分に胸を張れる結果だと思います。今後は、算数(数学)の得点に安定感が出てほしいところです。

 今回で小学生としてのテストが全て終了しました。4月のテストからは中学生として受けることになります。(ただし、1学期の間は小学生内容も多く含まれています。)中学生になったら、自覚のある取り組みをしてもらいたいので、偏差値の合格基準も今までの55から60に引き上げる予定です。この高い合格基準を超えるように頑張ってもらいたいと思います。



小6の1月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 86点 66点 62 895/9955
算数 97点 62点 66 188/9955
2科目 183点 129点 66 347/9952
理科 94点 68点 66 79/4198
社会 64点 66点 49 2297/4195
4科目 341点 265点 62 429/4186

○いつものことですが、長期休み中のテストでは受験生が増えるために平均点が下がり、ケンちゃんの偏差値が上がることがよくあります。今回も国・算・理については、良い結果が出ていますが、受験分母が増えた分以上に、良い出来になりました。ただし、社会は平均点を下回っているので、まだまだ努力が必要です。

 国語については、良好な結果が出ていますが、漢字の書きが4つの内1つしか書けなかったのが残念です。ケンちゃんは漢字の正答率が良いことが多いですが、今回は平均点を下回ってしまいました。年度の後半で漢字の学習から遠ざかっている影響が出ているかもしれません。漢字や英単語などは継続が不可欠ですので、中学生になったら、また漢字練習を復活させたいと考えています。

 算数は、今回97点で、これで文句を言ったらケンちゃんに申し訳ないといったところです。本人が分からなくて空白にした問題以外は、全て正解にすることが出来ていました。これほどの出来が続くとは思えませんが、まぐれだけでこのレベルの結果は出ないので、嬉しい結果には違いありません^^。

 2科目合計では183点で、偏差値の66は過去最高です。小学校の最後の方にこのような結果が出るのは、嬉しいことです。この学力が中学校の学習にうまくつながっていくことを期待しています。

 理科も良好な結果になりました。最初、このテストを解いた時に、ケンちゃんは「満点かもしれない。」と言っていましたが、それほど甘くはありませんでしたが、偏差値が66もあるので充分だと思います。

 社会は、また平均点を下回ってしまいました。他の科目が、どちらかと言えば年度末が近づくにつれて上昇傾向にあるのに対して、社会は下がりっぱなしです。歴史マンガの音読や歴史年表ワークの演習で頑張らせているつもりですが、本人の意欲が低いこともあり、なかなか効果が出ません^^;。

 4科目合計では、341点で偏差値62という結果でした。前回の12月に続いて良好な結果が出ましたが、これで気を緩めることなく、中学校進学に向けて日々の学習を頑張ってもらいたいと思います。

ケンちゃんのテスト結果番外編(受験生用テストの結果)へ        



小6の12月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 90点 72点 61 280/2732
算数 85点 63点 60 448/2736
2科目 175点 135点 62 283/2726
理科 79点 62点 60 153/1071
社会 72点 66点 53 431/1055
4科目 326点 266点 60 186/1053

○今回も、前回の10月テスト同様に、主に日頃から塾に通っている子だけが受験する受験人数の少ないテストですので、相対的にケンちゃんの偏差値が悪くなる可能性が高かったのですが、テストの出来が良かったので、6年生で最も良い偏差値になりました。来月受験する1月テストの結果で、この結果が本物かどうか判断出来ると思います。

 国語については、小6生として2番目に良い結果が出ました。素点も90点あり、満足出来る結果だと思います。ただし、書き抜き問題で写し間違いをするという初歩的なミスがあったのが惜しまれるところです。本人なりに見直しはしたようですが、気付けなかったようです。

 算数については、大問の1番に計算ミスが1問もなかったことが、好結果につながりました。算数が偏差値60を超えたのは、小6生になってからでは、今回が初めてです。小6生になってからのテストでは、計算ミスによる失点が多く、合格基準である偏差値55を超えられないことが多かったので、1月や2月のテストでも、今回と同様な結果が出れば嬉しいところです。

 2科目合計では175点となり、今年度の最高点となりました。偏差値も62で良好ですが、前回と10も差があります。これほど偏差値が揺れる学力では安心出来ません。安定して160点を超える実力をつけて、合格基準の偏差値55を常にクリアするように頑張ってほしいと思います。

 理科は、得点的には、それほど良くありませんでしたが、偏差値は60を超えることが出来ました。理科はケンちゃんの得意科目ですが、小6生になってからは偏差値60を下回ることもあるので、今回の結果は良好だと思います。

 社会は、何とか偏差値50以上に復帰することが出来ました。前回、偏差値50を下回っていたので、今回で偏差値50以上に戻ってほしかったのですが、何とか達成出来てホッとしています。ケンちゃんは社会が苦手なので、社会だけは偏差値が50を超えただけで、まずまず良い出来だと思ってしまいます^^;。

 4科目合計では、326点で偏差値60という結果でした。国算理の3科目で偏差値60を超えていることもあり、最近の結果からすると上出来と言えます。あとは、この結果と同等の結果をキープ出来ればいいのですが。まあ、目先のテスト結果に振り回されることなく、中学校への進学準備として毎日の学習を頑張らせたいと思います。



小6の10月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 78点 74点 53 1228/3038
算数 70点 67点 51 1464/3039
2科目 148点 141点 52 1363/3027
理科 83点 62点 63 137/1537
社会 67点 69点 49 753/1330
4科目 298点 271点 55 480/1329

○今回は、評価が難しいところです。前回の8月テストに比べて受験者が4分の1以下になっていますが、教室用に配られる度数分布表を見ても高学力者の受験が多かったと思います。(平均点の高さからも、ある程度推測出来ると思います。問題そのものが平均点の高さほど簡単になっているわけではありません。)

例年10月は受験者が減りますが、この時期にこのテストを受けさせる塾に通う子たちの中に、私立中以外の受験(国立や県立の中学校)を目指している子も多いと思います。近づく入試に向けて、その子たちの学力が大幅に高まっていることが平均点が高くなる要因ではないでしょうか。このような時期のテストを中学受験を全く意識していない子が受けると厳しい結果になる可能性が高いと感じています。

 国語については、素点が80点近いことと、ケンちゃんが間違えている問題の難度が高かったことを合わせて考えると、良好な結果だと思います。今回は平均点が高いので偏差値が悪いですが、上記のような受験者の質の影響が強いと考えています。

 算数は、今回も2題計算ミスがありましたが、分数の約分はきちんと出来ていたので、純粋な計算力不足が結果に出ています。今回、偏差値は悪いですが、2つの計算ミス以外の取るべき問題は良好に解けているので、まずまずの出来だと判断しています。

 2科目合計では148点ですが、出来れば160点を超えてほしいところです。ケンちゃんは、たまにしか160点を超えることが出来ませんが、ケンちゃんの得点の状況からも、もう少しミスを減らせば、安定して160点を超えられると思います。ミスのない答案が書けるように学力を高めてほしいところです。また、他の受験生のレベルが高くても偏差値55を超えられると嬉しいのですが、今のケンちゃんでは厳しいようです^^;。

 理科は、良好な得点となり、久々に偏差値60を超えることが出来ました。小5の時と違い、簡単には偏差値60を超えさせてくれませんが、ケンちゃんの好きな科目ですので、この調子で頑張ってもらいたいものです^^。

 社会は、歴史単元だけのテストでしたが、ついに偏差値50を下回ってしまいました。日々の学習で歴史の音読はしていますが、音読だけでは不充分なようです。このテストを受けた数日後から社会の習熟プリント(小6用)に入りましたので、次のテストでは偏差値50以上に復帰してほしいところです。

 4科目合計では、298点で偏差値55という結果でした。かろうじて、目標値の偏差値55をクリアしていますが、理科1科目に助けられての達成ですので喜ぶことは出来ません。ただし、上に書いているように、今回の受験者のレベルが高いことを考えると、素点のレベルでまずまず得点出来ていれば、心配する必要もないと思います。



小6の8月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 90点 67点 64 741/13090
算数 66点 62点 52 5878/13101
2科目 156点 129点 58 3011/13082
理科 79点 69点 56 2236/6801
社会 73点 64点 55 2248/6755
4科目 308点 265点 57 1795/6747

○今回は、算数がこけてしまいました。また、理科・社会も少し低迷しています。唯一、国語が高得点になったので、偏差値の平均はそこそこになりました。

 国語については、6年生になって初めて偏差値60を超えました。素点も90点ですので、まずまず良好といってよいと思います。国語が高得点で安定してくれると嬉しいところです。

 算数は、分数の問題で約分出来ていないところが2つありました。また、1番最初の計算問題をしくじっているのも痛いところです。偏差値55は超えてほしいのですが、基本問題でミスをしている間は難しいと思います。

 2科目合計では156点となり、偏差値58となりました。国語に頼った形の偏差値58ですので、喜びにくい状況です。まず、算国ともに偏差値55を超えることが大切だと考えています。

 理科は、ケアレスミスが多く出ていました。ケンちゃん自身が間違い直しの時に、なんでこんな問題を間違えたのだろうと不思議がっていました。まあ、集中力をもっと高めて解かないと実力を発揮することは出来ないということだと思います。

 社会は、徐々に偏差値が下がってきています。習熟プリントなどでの学習もしているのですが、ケンちゃんの現在の実力は、このレベルだと思います。もっと用語の暗記を頑張らないと、これ以上の上乗せは難しいのではないでしょうか。

 4科目合計では、308点で偏差値57という結果でしたが、やはり国語の点数が下支えしてくれています。1つの科目が突出した形よりも、全ての科目がバランスよく得点出来るようになってもらいたいところです。



小6の5月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 82点 72点 56 423/1584
算数 74点 61点 57 441/1589
2科目 156点 133点 57 406/1584
理科 81点 66点 59 141/762
社会 75点 58点 59 141/761
4科目 312点 258点 59 142/759

○今回は、偏差値60を超えた科目が1つもありませんでしたが、全科目が偏差値55を超えることが出来ており、バランスが取れています。ケンちゃんは理科が少し悪かったのが残念なようですが、大きくくずれた科目がなく、良好な結果になりました。

 国語については、詩の鑑賞の得点率が悪くなっていましたが、問題も難しかったので仕方がないと思います。全体の平均が72点もあるので、偏差値は低めですが、詩の鑑賞の出来が悪かったにも関わらず素点で80点を超えているので一安心です。

 算数は、図形が平均をわずかに超える程度だったのが残念です。もう少し図形で点数を上乗せ出来ると偏差値ももっと良い結果になると思います。今回は、計算問題にミスがなく、割合で8割得点出来ていたので、前回のような大きな失点にならず、何とか70点台を取れています。

 2科目合計では156点となり、偏差値57となりました。過去には、もっと良い偏差値もありますが、このレベルの偏差値を安定的に出せるようになってほしいところです。ホームランと三振の共存より、安定してヒットが打てる方が良いと考えています。

 理科は、今までずっと続けていた偏差値60台が途切れてしまいました。ケンちゃんは、それが残念だったようで、全体がまあまあ良いより、理科だけが特に良い方がいいと言っていました。理科が得意なことが本人の心の支えになっているようです。

 社会は、今回偏差値59になっていて、私としては大いに嬉しいところです。春休みに清風堂の問題集で復習をさせましたが、4月テストは一過性の効果が出ただけかもしれないと考えていたので、5月テストでも良い結果が出せたところもみると、少しは知識が定着しているようです。

 4科目合計では、312点で偏差値59という良好な結果でしたが、社会が足を引っ張らなくなったのが総合の偏差値を高める上で、大きなポイントになっていると思います。社会については、まだまだ油断出来ませんが、これからも偏差値55以上の結果を出し続けてくれればよいのですが^^;。



小6の4月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 80点 67点 58 1500/7107
算数 64点 63点 51 3611/7110
2科目 144点 130点 54 2647/7106
理科 84点 63点 62 394/3166
社会 75点 57点 60 520/3145
4科目 303点 253点 58 727/3145

○6年生になって初めてのテストでしたが、算数の仕上がりが遅いこともあり、年度初めにしては算数の結果が悪くなりました。予想外だったのは、春休みに練習させた社会で、いきなり良い結果が出たことです。

 国語については、漢字の書きが1つ間違っていました。その他、全体的に少しずつ取りこぼしがあり、80点となりました。残念なのは、抜き書き問題で漢字を写し間違えていたことです。こういうところを慎重にチェック出来るようになってほしいところです。

 算数は、まだまだ割合の力が不十分です。割合の単元の平均点と同じ得点でしたが、きちんとした力があれば、さらに得点出来たと思います。また、分数の仮分数と帯分数を逆に覚えていたことも残念です。その他の単元も全体的に取りこぼしが多かったので、ぎりぎり平均点を超えただけになりました。

 2科目合計では144点で、偏差値は54となり、算数だけでなく2科目合計でも偏差値55を下回ったのが残念です。まあ、算数の基本的な問題を、もっと手堅く得点出来るようにならないと、今回のようなことになると思います。

 理科は、まずまず良好な結果を出すことが出来ました。特別に問題演習をしているわけでもないのに、偏差値60台をキープ出来ているのは、ありがたいところです。「好きこそものの上手なれ」の典型的な例だと思います。

 社会は、春休みに集中トレーニングをした成果が出ました。まさか偏差値60になるとは思いませんでしたが、清風堂の社会習熟プリントを頑張れば、ある程度結果を出せるようです。この力が継続するとよいのですが、本人の意識が低いところが心配です。

 4科目合計では、303点で偏差値は58でした。今回は算数の結果が悪かったのですが、社会で良い点数を出せたので、4科目合計の偏差値は、まずまず良い結果になっています。今後は、4科目のそれぞれがバランスよく偏差値60くらいの数字を出せるようになってほしいと思います。



小5の2月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 86点 63点 63 172/2196
算数 71点 62点 54 776/2202
2科目 157点 125点 59 426/2192
理科 77点 61点 60 170/1044
社会 56点 66点 45 699/1040
4科目 290点 256点 55 333/1037

○今回の2月テストは、科目によっては、少し残念な結果になりましたが、ケンちゃんの現在の実力通りといえる結果だと思います。

 国語については、漢字の読み書きが満点で、言葉の知識も満点でした。年度末になると、日々の漢字練習の成果が出てくるようです。偏差値も63で、今回のテストの中では、一番良い結果になりました。

 算数は、割合の問題で平均を下回りました。このテストの数日前から、割合の問題の家庭学習を始めたばかりですので、学校で学習しただけのケンちゃんには平均点を超えるほどの学力がついていないことが分かります。割合は、とても重要な単元ですので、今後も繰り返し復習させたいと思います。また、今回配点の大きかった角度や面積の問題も、平均こそ超えていますが、7割程度しか取れていないので、まだまだ修業が必要です。

 2科目合計では157点で、偏差値は59になりましたが、算数の偏差値が55を下回ったのが残念です。6年生では、年間を通して算国ともに偏差値55以上がキープ出来ると良いのですが^^;。

 理科は、今回、素点が悪かったので、偏差値がかなり下がるのではないかと心配していましたが、偏差値60を取ることが出来ていました。おかげで年間を通して偏差値60以上をキープすることが出来ました。6年生でも、このレベルの成績を維持できれば、中学校へ進学しても、理科に関しては、そこそこ安心出来ると思います。

 社会は、3回連続で偏差値50を下回ってしまいました。小5の社会は地理的な分野が中心ですが、このままでは中学校での地理の学習負担が大きくなりそうなので、今度の春休みは、清風堂や公文の小5社会の問題集を購入して練習させたいと思います。

 4科目合計では、290点で偏差値は55でした。今回は算数と社会の結果が悪かったのが、偏差値を下げた原因ですが、社会は連続して悪い結果が出ているので、これから強化していくことになります。業者テストを受けさせていて、一番助かるのは、この社会のように学校のテストだけでは見えないケンちゃんの弱点を浮き彫りにしてくれることです。おかけで、早めの対策を打てることになります。(ひょっとすると遅いと思われる方もいるかもしれませんが、ケンちゃんは中学受験をするわけではないので、中学校への進学に間に合えばOKです。)



小5の1月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 84点 57点 66 132/3145
算数 82点 58点 61 456/3150
2科目 166点 116点 64 208/3145
理科 84点 64点 63 112/1249
社会 60点 61点 49 627/1241
4科目 310点 241点 61 182/1238

○今回の1月テストは、予想に反して、かなり良い結果が出ました。素点が80点を少し超えただけでしたので、偏差値では55〜58くらいになると考えていたのですが、平均点が悪かったので、結果として偏差値がよくなったようです。

 国語については、漢字の読みは満点でしたが、漢字の書きの正答率は50%でした。小5の漢字は、今後も継続して復習が必要です。その他の部分は、それなりに失点していますが、偏差値が66になったことからも、難しい問題だったのだと思います。

 算数も、素点はそれほどでもありませんが、高い偏差値が出ました。今回は、基本の計算にミスがなかったことも嬉しいところです。他の問題の間違いは、ケンちゃんの実力では仕方がないと思いますが、平行四辺形と書くべきところを平行四方形と書いていたのが残念です。

 2科目合計では166点で、偏差値は64になりました。2科目とも我が家の合格点の偏差値55を上回っており、ある程度安心出来る結果です。次回の2月テストでも、今回と同レベル程度の結果が出せるといいのですが^^;。

 理科は、ケンちゃんの得意科目ですが、今回も偏差値60以上をキープ出来たので安心しました。今のところ、理科に関しては、偏差値60を下回ったことがないですが、この調子でレベルアップを図ってもらいたいと思います。

 社会は、残念ながら2回連続で偏差値50を下回ってしまいました。中学校に進学する前に、ある程度は問題集で知識の定着を図っておかないと、中学校進学後の社会科学習の負担が大きくなるかもしれません。

 4科目合計では、310点で偏差値は61でした。4科目を並べてみると、やはり社会が大きく足を引っ張っているのが残念です。小6生の秋以降では、偏差値55以上の結果が出せるように頑張ってもらいたいと思います。

ケンちゃんのテスト結果番外編(受験生用テストの結果)へ        



小5の12月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 68点 65点 52 901/1979
算数 71点 62点 54 716/1983
2科目 139点 127点 53 817/1977
理科 98点 74点 64 11/858
社会 60点 64点 48 403/704
4科目 297点 262点 55 237/702

○今回の12月テストは、総じて厳しい結果になりました。唯一、理科だけが孤軍奮闘しています。

 国語については、漢字の読みは満点でしたが、漢字の書きが0点で、漢字の平均点よりも下回っていました。まだまだ小5の漢字は練習不足です。あと、今回は、物語文の読解で平均点を下回ったのも痛いところです。今までは、少々漢字の出来が悪くても、読解問題である程度カバーしていましたが、漢字の失点と読解問題の失点が重なったこともあり、偏差値も、かろうじて50以上をキープ出来たというところです。

 算数も、今回は厳しい偏差値になりました。計算ミスが出ていることが痛いですが、この程度の計算ミスは、ケンちゃんの実力通りなので、偏差値が悪いとはいえ、この難度で、この点数(71点)は、ケンちゃんにとっては、まずまずの出来といってもよいでしょう。まあ、合格点の偏差値55をクリア出来ていないのが残念です。

 2科目合計では139点で、偏差値は53になりました。2科目とも我が家の合格点の偏差値55を下回っており、残念な結果です。次回の1月テストでは、目標の偏差値55以上を達成してほしいところですが、ケンちゃんは秋から冬にかけてのテストで厳しい結果が出る傾向(まだ復習量が不充分な時期だからかもしれません。)があるようなので、来春までに60前後の偏差値に戻ることが出来ればよいと考えています。

 理科は、今回は素晴らしい点数を出すことが出来ました。良い順位を出すことが出来て、ケンちゃんは大満足です。理科に関して、テスト付録の問題集を解く以外に、問題集を使っての家庭学習は一切していませんが、日頃から、好きで科学マンガを読んだりしている強みを感じます。

 社会は、残念ながら偏差値50を下回ってしまいました。以前にも書きましたが、偏差値50未満の成績が続くようなら、問題集を用いた学習を取り入れるかもしれません。(冬休みは、白地図ワークで演習をしますが、これは以前から計画していたことで、今回の結果を受けてのことではありません。歴史と地理は、学校の授業やテストに関係なく基礎力をつけさせたいと考えています。)

 4科目合計では、297点で偏差値55でした。この結果は、得意の理科が大いに助けてくれたおかげですので、科目バランスを考えると、偏差値55だからといって喜ぶことは出来ません。1月テストでは、全ての科目で偏差値55を超えるように頑張ってほしいところです。



小5の10月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 82点 74点 55 737/2336
算数 81点 67点 57 684/2337
2科目 163点 141点 57 673/2334
理科 89点 69点 62 60/941
社会 72点 67点 52 340/780
4科目 324点 275点 58 188/780

○前回の8月テストでは、9000名近くの受験者がいましたが、今回の10月テストでは、受験者が2000名程度と大幅に減少しています。この中には講習会のみの参加者はいないので、普段から学習塾に通っている生徒の一部が受験していると考えられます。

 国語については、漢字の成り立ちと「和語」「漢語」「外来語」の区別で、ケンちゃんの正答率が60%程度になっていました。また、漢字の書きの正答率も50%でした。これらの漢字・ことばの知識での失点が大きく、平均点が高かったこともあり、偏差値が下がりました。ですが、読解問題は良好に解けていたので、合格ラインの偏差値55を何とかキープ出来ました。

 算数については、この難度での81点は、まずまずだと思います。学校で学習したばかりの小数のわり算で計算ミスが1問ありましたが、他の失点は納得がいくものばかりでしたので、ケンちゃんの今の実力からすると順当な得点だと思います。

 2科目合計では163点で、偏差値は57になりました。2科目とも合格点の偏差値55をクリアしており、素点でも80点を超えているので、前回の8月テストよりも、偏差値が8下がっていますが、問題ないと思います。まあ、前回が良すぎたというのが客観的な見方ではないでしょうか。

 理科は、安定して偏差値60以上をキープ出来ています。「好きこそ物の上手なれ」の典型的な例だと思います。社会は、かろうじて偏差値50を上回ることが出来ているだけですが、学校で習っていない内容が多い中での72点は、良好だと思います。

 4科目合計では、324点で偏差値58でした。前回の8月テストの結果がよかったので、それと比べると見劣りがしますが、素点で見たときに、まずまず良好に得点出来ているので、私としては満足しています。また、未習範囲の多い社会をのぞいて、合格基準の偏差値55以上を取れていることも、安心材料です。小学生の間は、このくらいの成績をキープ出来れば良いと考えています。



小5の8月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 92点 69点 66 119/8902
算数 87点 63点 62 1027/8917
2科目 179点 131点 65 298/8897
理科 88点 66点 62 332/3898
社会 72点 59点 57 884/3866
4科目 339点 258点 63 273/3859

○今回は、受験者が8000名を越えています。(実際には、受験者用テストに2500名を越える受験者がいるので、このテスト業者のテストを受けている小学生の分母は11000名以上です。)小5生になり、塾へ通う生徒が増えていることが分かります。また、夏期講習会にのみ参加する子も多いので、8月は、年間で最も受験生が多いテストになります。

 国語については、今回、とてもよく出来ており、偏差値的にも上限といってよい結果だと思います。夏の時点にしては珍しく漢字の読み書きが満点だったのも、得点を押し上げてくれました。この調子で、漢字の満点を継続してほしいところです。

 算数については、基本問題にミスがなかったので、良好な得点になりました。後半の難しい問題は、いくつか落としていますが、これは実力通りだと思います。5年生になって、初めて算数の偏差値が60を超えることが出来ました。算数は、点を取る技術の差も点数に出るので、なかなか成績が安定しませんが、今後も、この調子で基本問題に取りこぼしのない答案を作ってほしいと思います。

 2科目合計では179点で、偏差値は65になりました。小4の8月に2科目合計で偏差値65を出して以来、2度目の快挙です。ただし、8月は、講習会生が多く加わることにより、高い偏差値が出やすい実施月なので、8月だけ良い結果を出しても、あまり油断は出来ません。次回の10月テストでも、このくらいの結果が出ると嬉しいところです。

 理科については、今回で3回連続して偏差値60を超えることが出来ています。この調子で日頃の学校での学習を頑張ってほしいと思います。社会は前回よりも点数が下がりましたが、偏差値は過去最高が出ました。偏差値50を下回ることがあれば、社会については問題集を使っての学習を始めなければならないかもしれないと考えていましたが、当分は、学校の授業だけで頑張れそうです。

 4科目合計では、339点で偏差値63でした。あとは、社会で偏差値60を超えることが出来れば、完全制覇です^^。もともとケンちゃんに要求している基準は、偏差値55以上ですので、全科目で偏差値60を超えることが出来れば、私が小学生時代のケンちゃんに要求しているレベルは、充分にクリアしたことになります。成績が上がってくれば上がってきたなりに欲も出ますが、起点を忘れることなく、日々の学習を継続させたいと思います。

ケンちゃんのテスト結果番外編(受験生用テストの結果)へ        



小5の5月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 81点 61点 61 158/1205
算数 78点 65点 57 293/1206
2科目 159点 126点 60 221/1205
理科 89点 64点 65 18/508
社会 80点 74点 54 184/507
4科目 328点 265点 60 48/508

○国語については、漢字と漢字の知識が満点でした。しかし、前回満点だったことばのきまりで、大量に失点してしまいました。まだまだ、文法事項には弱点があるので、問題演習を頑張らせたいと思います。

 算数については、わり算の筆算を正しく解いていたのに、解答用紙に写し間違えた問題が1問ありました。また、前回の面積の問題で13×13の筆算を間違えていたのですが、今回も面積の問題で11×11を計算ミスしていました。前回の失敗が生かされていないところがケンちゃんらしいところです^^;。

 2科目合計では159点で、4月テストより素点が悪くなっていますが、偏差値はちょうど60で一安心しました。これで、2科目合計の偏差値は、3回連続で60になっています。60越えが普通になってくれると嬉しいのですが。

 理科については、とても良い結果が出ました。偏差値65は、普通に取れる偏差値のほぼ上限だと思います。この偏差値をキープすることは難しいと思いますが、60以上が続くように学校での学習を頑張ってほしいと思います。社会は80点が取れていますが、平均点が74点もあったので、偏差値は54です。ですが、前回の偏差値51より良い結果なのでホッとしました。

 4科目合計では、328点で、偏差値60でした。これで2科目と4科目の両方で偏差値60が取れたことになります。このことからも、今回はまずまずバランスよく得点出来たといえます。この調子で4教科の学力がバランスよく身につくと良いと考えています。



小5の4月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 81点 66点 60 705/4478
算数 84点 67点 59 920/4474
2科目 165点 133点 60 658/4472
理科 82点 65点 60 249/1541
社会 72点 70点 51 744/1519
4科目 319点 271点 58 376/1518

○科目数が増えて、表が見づらくなったので、合計欄の色を変更しました。

 今回から理科と社会が増えて4科目受験になりました。また、ケンちゃんが受けている育伸社のテストは、小5生から非受験者用のAテストと中学受験者用のBテストに分かれています。ケンちゃんが受験しているのは、非受験者用のAテストです。

 おそらく中学受験組が今回からBテストにまわったのが原因だと思いますが、本来正規分布するはずの得点度数分布図の形が変化しています。平均点が高いために正規分布の形が崩れることもありますが、今回は上位者が抜けたことが分かる形になっています。今回のテストからA・Bテストに分かれたばかりなので、このような結果になっていますが、しばらくすると徐々に正規分布に戻ってくると思います。

 今後、中学受験をする子達は、激しく学力を伸ばしていくことになります。もし、皆さんの地元に人気のある私立中学校があるなら、同級生の何%かは、とても高いレベルの学習をしているので、普通の小学生とは大きな学力差がつくことになります。

 ケンちゃんにBテストを受けてみるかどうか聞いてみたところ、試しに受けてもいい(怖いもの見たさです^^;。)ということなので、時間にゆとりがある夏休みなどに時々Bテストも受けさせて、普通の小学生(ケンちゃん)との学力差がどのように開いていくかのデータが取れればと思います。

 ただし、あまりの難しさにケンちゃんが1回で懲りれば、継続的なデータは取れないかもしれません。(Bテストは、Aテストと違って私が参考データを取りたいことが目的なので、ケンちゃんが受験を強く嫌がる場合は、無理に受けさせることはありません。)

 それでは、以下は、ケンちゃんのテスト結果についてコメントします。

 国語については、漢字とことばのきまりが満点でした。ケンちゃんの場合、漢字を満点にすると高得点が狙えるところですが、残念ながら、今回は物語の読解での失点が大きく、80点を超えるのがやっとでした。ケンちゃんも、成績表に目を通して、物語の読解で失点が多いことを残念がっていました。

 算数については、良い結果が出ていますが、大問1番の計算で1問ミスしていたことと、面積の問題で13×13の筆算を間違えたのが残念です。まだまだ計算力の甘さが目に付きます。

 2科目合計では165点で、2月テストに続いて2科目とも80点を超えたのは嬉しいところです。偏差値も2回連続で60になり、このレベルを維持出来ると良いのですが、あくまでも学習習慣の定着という目標を優先して頑張らせたいと思います。(つまり、ケンちゃんは、まだまだ学習習慣が身に付いていないということです^^;。)

 理科については、ケンちゃんの好きな科目であることもあり、まずまず良好な結果をだすことが出来ました。また、社会については、勉強不足が明らかに得点に出ています。私の定めている社会の合格偏差値の50をわずかに超えられましたが、社会の学習をスタートしなければならない日も近いかもしれません。まあ、問題集を使っての学習は、出来れば小6の2学期からにしたいのですが^^;。

 4科目合計では、319点で、偏差値58ですが、苦手科目(社会)があることが、総合の評価を悪くしています。学校での社会の学習に、今まで以上にまじめに取り組んで欲しいところです。



小4の2月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 84点 72点 58 285/1269
算数 86点 65点 60 212/1274
2科目 170点 137点 60 209/1264

○今回は、算数・国語ともに良好な得点になりました。特に、算数は前回、前々回と苦戦していたので、良い結果が出てホッとしています。今後も、このレベルの結果を維持出来ると良いのですが^^;。

 国語について、良い点数を取ることが出来ています。平均点が高いわりにばらつきの範囲が狭いのか、偏差値も良好な結果になりました。ただし、抜き書き問題で写し間違いをするなど、もったいないミスも出ています。また、漢字については、より一層の努力をしてもらいたいところです。

 算数についても、良い結果が出ました。今回の失点でもったいないのは、大問3の「およその数」で、最初の2問を間違えていることです。これはがい数のルールを忘れているのが原因ですが、基本的な問題なので、きちんと覚えてほしいところです。

 2科目合計では170点ですが、2科目とも80点を超えたのは8月以来なので、久しぶりという感じです。今回のような算国のバランスの良い得点は、安心感があります。今後も、この調子で算国ともに偏差値55以上が取れるように頑張ってもらいたいと思います。



小4の1月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 91点 64点 65 123/3148
算数 51点 62点 45 2197/3144
2科目 142点 126点 55 1122/3144

○今回は、算数で大失敗をして前回の未学習範囲が22点分あった12月のテストより偏差値が悪くなるという結果になりましたが、国語がとても良かったので、総合では偏差値55をキープ出来ました。ただし、このようなバランスの悪い結果では、総合の偏差値が55であっても、良い結果とは言えません。次回の2月テストでは、挽回してほしいところです。

 国語については、全ての単元で平均点を上回りました。漢字も、1つ書けなかっただけなので、まずまず良好になっていると思いますが、漢字の平均点も高いので、今回の漢字が書けているということで安心することは出来ないと思います。ケンちゃんが国語で偏差値60を超えたのは、これで2回目ですが、安定的に偏差値60以上をキープ出来るようになれば、かなり楽になると思います。

 算数については、算数のテストで、やってはいけないことをやってしまいました。まず、最初の計算問題を3題も間違えていました。それも難しい計算ではなく、3ケタ×1ケタの計算を間違えたり、わり算の問題をかけ算していたりしました。また、簡単な折れ線グラフの問題も6問中2問しか取れていませんでした。途中の角度の問題が難しかったので、そこに時間をかけすぎて、見直すこともなくテストを終了したのが敗因だと思います。今回の失敗から、テストへの取り組み方を学んでくれると良いのですが、のんきなケンちゃんは1回くらいの失敗では、懲りないかもしれません。まあ、失敗を重ねる中から学んでくれればと考えています。

 2科目合計では、今回も合格ライン丁度の偏差値55になりました。ただし、最初に書いている通り、算国のバランスが悪いので、総合の偏差値が目標をクリアしているといっても合格とはいえません。(それにケンちゃんの偏差値55という目標は、2科目とも55以上が本当の目標です。)まだ、算数が清風堂の問題集が続いていることもあり、応用問題に不慣れなところもあると思いますので、2月のテストでどれほど挽回出来るか分かりませんが、基本問題はしくじらないように、ケンちゃん自身の奮起に期待したいところです^^;。



小4の12月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 84点 69点 58 302/1318
算数 71点 69点 51 668/1313
2科目 155点 137点 55 465/1311

○今回は、算数が大きく下がったので、総合の偏差値も大きく下がりました。ですが、なんとか偏差値55を取れたので、ホッとしています。

 国語については、漢字と詩の鑑賞がそれぞれの単元別の平均点を1点上回っているのみでした。問題集でも詩に関する単元は苦戦気味ですが、本人に詩の面白さを感じる感性が少ないので、まだまだ苦戦しそうです。漢字は、標準問題集漢字を一通り終えたので、出来れば次回のテストではより高得点を目指したいところです。

 算数については、ケンちゃんの学習日誌にも書いていますが、2ケタで割るわり算を学習していなかったために、2ケタで割るわり算(22点分)が1問も解けなかったのが痛いところです。ただし、その他の範囲の78点分の内、71点を取ることが出来ているので、学習済みの領域については、まずまず理解出来ているといってよいと思います。

 2科目合計では、私の定めている合格ライン丁度の偏差値55になりました。算数で、未習単元があった中でのこの偏差値は嬉しいですが、次回の1月テストでは、60近くの偏差値に戻りたいところです。



小4の10月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 76点 63点 57 420/1575
算数 81点 61点 59 300/1576
2科目 157点 124点 59 309/1575

○今回は、5月テストと全く同じ偏差値になりました。4年生になって、今回で4回目のテストですが、現時点でのケンちゃんの実力は、だいたいこのレベルと考えてよいと思います。今後も、このくらいの偏差値はキープしてほしいところです。

 国語については、今回も漢字が足を引っ張っています。平均点(単元別の平均点です。)こそ下回っていませんが、かろうじて平均点が取れているというところです。ケンちゃんの場合は、まだ学力ドリル漢字を使って書写的な学習をしているだけですので、ある程度はやむを得ないと考えています。標準問題集漢字を使っての演習が終わる頃には、もう少し得点力が上がっていると思います。

 算数については、どの単元もバランス良く得点出来ているようです。相対的な評価である受験者中の順位を見ると1500人中の300番ですから、それほど素晴らしい結果とは言えないかもしれませんが、この難度のテストで8割得点出来ていれば、これまでの学習内容について良好に理解していると判断して良いと思います。

 2科目合計の偏差値59は、満足出来る結果だと考えています。3年生の頃は私の定めている合格ラインの偏差値55を下回ることもありましたが、このくらいの偏差値を出してくれていると安定感も出てきて、一安心出来ると思います。今後も、日々の学習を継続していく中で、徐々に底力を高めていければ良いのですが^^。



小4の8月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 91点 64点 66 132/6032
算数 81点 58点 61 882/6029
2科目 172点 122点 65 315/6028

○今回は、初めて算国ともに偏差値60を超えました。特に、国語は一度も偏差値60を超えたことが無かったので、快挙と言ってよいと思います。ただし、国語は出題された文章によって点数が大きく左右されることが多いので、一度偏差値60を超えたくらいでは、油断出来ません。安定して偏差値60以上が取れると良いのですが。

 2科目合計の偏差値65は、普通に取れる偏差値の上限だと思います。偏差値70以上は滅多に出ないので、これ以上の結果を今のケンちゃんに期待することはありませんが、偏差値60以上をキープしてくれると嬉しいですね。まあ、我が家では偏差値55以上で合格なので、偏差値60を下回ったとしても、55以上であれば、特に学習のスタイルを変えることはありません。

 国語については、漢字が平均点(単元別の平均点です。)を下回っていました。まだまだ練習不足といったところです。読解問題は、今回は物語文も説明文も満点でした。平均点が64点であることからも、それほど簡単なテストではないと思いますが、ケンちゃんにとっては読み取りやすい文章だったようです。

 算数については、大きな数にたくさん間違いがあり平均点(単元別の平均点です。)と同じ得点でした。また、単位換算に関する問題も力不足がはっきり出ていたと思います。大きな数や単位換算の問題も正しく解けるようにするためには、もっと基礎的な力を定着させる必要があると思います。

 今回の受験者数の6028人は、これまでで最高の受験者数ですが、この時期は多くの学習塾で夏期講習会のみ参加しているテスト受験者を大勢かかえているので、そのメンバーがケンちゃんの偏差値を押し上げてくれている側面はあると思います。昨年の11月テストのように毎週塾に通っている塾生だけのテストでも、良好な結果が出せるようになってほしいところです。



小4の5月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 65点 52点 57 262/1029
算数 75点 57点 59 199/1030
2科目 140点 109点 59 206/1027

○今回は、素点がかなり悪くなっていますが、偏差値がまずまずの結果になっているところから、かなり難しいテストだったことが分かります。目標の偏差値55を算国ともに超えることが出来ているので、ひとまずOKです。

 実を言うと、ケンちゃんはテストに慣れてきているので、気のゆるみがテストの点数に出ているのではないかと思っていましたが、偏差値を見る限りでは、それほど気を抜くことなくやれていたようです。テストは真剣に受けてこそ本当の力が診断出来るので、今後ともある程度の緊張感を持って受験出来るような働きかけはしていきたいと思います。

 国語については、語句を国語辞典に載っている順番に並べかえる問題で、平均を下回っていました。それ以外の単元では平均を上回っていました。65%前後の得点率で各単元の平均を上回ることからも、難しい問題が多く出題されていたことが分かります。

 算数については、円と球の問題で平均を下回りましたが、半径3cmの問題を、直径3cmと勘違いして解いたのが、大きなダメージになりました。ただし、他の単元にもところどころミスが出ているので、国語同様、合計点も低めになっています。

 春・夏・冬の講習会時のテストと違い受験者が少ない(意識の高い受験者が中心になる)ので、偏差値が低めに出ると考えていましたが、思ったほど悪い結果にはならなかったので、少しホッとしました。どうも私立中学受験希望者ばかりが受験しているわけではないようです。まあ、本気の私立中学受験者は、中学受験塾のテストに参加するので、スーパー小学生は、それほど受験していないのかもしれません。



小4の4月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 76点 64点 57 624/2631
算数 89点 69点 62 297/2630
2科目 165点 134点 61 345/2630

○小学4年生として、初めてのテストでしたが、まずまず良好に解けていました。4月は受験生が多い月ですが、2630人が受けるテストで偏差値61が取れたので、一安心です。

 国語については、漢字に関する問題で5問解けなかったのが痛いところです。知っている漢字でも、知らない言葉(局面など)だと書けないので、語彙力を含めて修業が必要です。

 算数については、時計の問題が2つと平面図形の問題が1つ間違っていました。時計は、それほど難しい問題ではなかったので、時計の計算力がきちんと身に付いていれば解けたと思います。平面図形は、かなり難度が高かったので、このくらい出来ていれば良好だと判断しています。

 昨年の11月のテストの時に、この調子で学習していれば4年の春のテストでは偏差値55を超えると予測していましたが、きちんとクリア出来てよかったと思います。普段の学習量からして、偏差値55は手堅いと考えていましたが、総合で偏差値60を超えているのは嬉しいところです。ただし、偏差値60以上を年間を通してキープ出来るような学習をしているわけではないので、今後偏差値60を下回るのは仕方がないと考えています。

 ケンちゃんは当分小3生の復習が続くので、今後のテストでは良い結果を出すことが難しい時期が続くと予想していますが、偏差値55以上をキープ出来ると良いのですが^^。



小3の2月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 86点 69点 59 125/604
算数 88点 64点 61 72/601
2科目 174点 134点 61 84/599

○今回は、算数・国語ともに良好な結果が出ました。今回の成績をキープすることは難しいと思いますが、受験者数の増減に関わらず、手堅く偏差値55を超えられるようになればと思います。

 ケンちゃんとしては、偏差値よりも桜の花の咲き方が重要だったのですが、今回ようやく満開にすることが出来ました。おまけで受けたような2月テストでしたが、最後(次回からは、偏差値の棒グラフになります。)を満開で締めくくることが出来て満足のようです。

 国語については、カタカナのシのところを、微妙な書き方ではありましたが、ツと判断されたのと、抜き書きの問題で、「させて」と書くところを「せせて」と書いていてバツになっていたのがもったいないところです。どちらもきちんと書けていれば、92点は取れているところでした。ケンちゃんにとって、シをツと判断されてバツにされたのは、良い教訓になると思います。採点者の方に、心より感謝します。

 算数については、2けた×2けたの計算をミスしていましたが、かなり難しい図形の問題もまずまず取れており、この難度で、この得点なら1月テストと同様に上出来といえると思います。見直しがしっかり出来るようになると良いのですが。

 2月の受験者数は、11月受験とほぼ同数ではないかと考えていましたが、想像以上に少ない人数でした。中学受験と高校受験の間で、学習塾がとても忙しい時期であることもあり、多くの塾で小学校の低学年には受験させていないようです。



小3の1月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 62点 53点 55 1194/3588
算数 89点 66点 63 257/3588
2科目 151点 119点 59 674/3587

○今回は、算数でとても良い結果が出ました。今までで一番良い結果(偏差値)ですが、素点も89点と9割近く得点出来ており、一安心です。

 国語は、ケンちゃんの学習日誌の1月7日のところに書いてある通り、大きくこけたので、偏差値がかなり悪くなると思っていましたが、目標としている偏差値55をぎりぎりでクリアすることが出来ました。62点で偏差値55になることからも、難しいテストであったことがわかります。

 また、11月受験テスト結果のところにも書いてありますが、春・夏・冬の講習会のテストは、受験者数が増えるので偏差値は良い結果が出ます。本来、偏差値55は、春・夏・冬テストを基準として設定した目標ですので、今回は無事目標を達成出来たことになります。将来的には、受験分母が少ない時も達成出来ると良いのですが。

 今回で、小3生としてのテスト受験は終了の予定でしたが、2月実施のテストも、時期による受験生数の変化のデータが取れると思い、ケンちゃんに受験させることにしました。(通常、私の経営している塾では5年生以上しか実施しない月です。)既に、受験の意志もケンちゃんに確認済みです。(ケンちゃんは、普段の勉強よりテストの方が楽なので、テスト受験を嫌がりません。)また、結果が出たら、ご報告します。



小3の11月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 80点 70点 57 292/1252
算数 72点 73点 49 676/1253
2科目 152点 143点 53 522/1251

○今回は、算数が平均点を下回ってしまいました。おそらく、普通のお母さんなら、かなりがっかりすると思います。ですが、11月受験であることを考えると、それほど心配しなくて良いことが分かります。

 実は、11月テストの受験者数は、4月や8月よりも少なくなっています。(下の4月や8月の受験者内順位の分母と比べてみて下さい。)なぜなら、個人塾の多くでは、子供たちにテストを受けさせるのに苦労するので、テスト回数が少ないことが多いからです。

 逆に、このような時期にテストを実施している塾には、成績向上にこだわる意識が高いご家庭のお子さんが多く通っているので、テストの難度は上がっているにも関わらず、平均点は上昇するという現象が起こります。(例えば2年生までの学習内容からのみ出題される4月算数と3年生の学習内容が多く出題される11月算数では、明らかに11月テストの方が難しいですが、平均が1点アップしています。)

 このためにケンちゃんの相対的な評価が下がりましたが、受験分母が大きく変わるテストでは、ある程度仕方がないことです。この辺りのことは、もし、お子さんがテスト生で、塾の先生から充分な説明を受けることなくテストを返却されると、分かりにくいことだと思います。(私の塾で返却するのであれば、素点での得点力を見るように伝えます。)

 あと、ケンちゃんについてだけ言えば、このテストを受けた10月の末頃までは、清風堂の問題集を中心に学習しているだけなので、難しい問題はあまりしていません。ですから、この時期の得点力としては、まずまずだと考えています。私の感覚で言うと、この調子で頑張っていれば来春のテストでは、偏差値55レベルはクリア出来ると思います。

 ただし、高学年になると中学受験組が受験者専用テストを受けるようになるので、成績の推移に関して、低学年とは異なる観点の分析が必要になります。



小3の8月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 70点 61点 55 818/2660
算数 76点 72点 52 1237/2661
2科目 146点 133点 54 977/2658

○今回、国語はぎりぎり偏差値55でしたが、算数が目標の偏差値55を下回ったので、少し残念な結果になりました。ケンちゃんも桜の満開を目標としていましたが、八分咲き(ケンちゃんの受けているテストでは、小3生の間のみ桜の開花率で、成績の評価が出ます。)になったので、少し残念だったようです。でも、「正解率の100%のところが増えている」と、ちゃっかり良かった点を見つけていました。あまり落ち込むタイプではないので、その点は安心です。

 ケンちゃんの学習日誌の8月27日のところに書いていますが、ケンちゃんはあまりのあるわり算を学習していなかったので、テスト直前にやり方を教えましたが、付け焼刃は通用しませんでした。あまりのあるわり算の計算問題3問を全滅したのは、ダメージが大きかったようです。

 年度途中のテストでは、ケンちゃんと同様にテスト生として参加すると、学校の進度によっては、このような事が起こると思います。履修範囲の正答率で出来具合を判断したので良いと思います。



小3の4月受験テスト結果

科目 ケンちゃんの得点 平均点 偏差値 受験者内順位
国語 90点 72点 59 232/1535
算数 80点 72点 55 478/1533
2科目 170点 144点 58 355/1533

○今回の結果に、ケンちゃんはかなり満足していました。私としても、算国ともに偏差値55をクリアしていたので(ギリギリですが)、今回の結果に一安心しています。出来れば、小学生の間はこのまま偏差値55以上をキープしてもらいたいと思っています。私は、個人的に、偏差値55以上をキープしていれば、学校の勉強に良好についていくことが出来ており、かつ、中学校進学後の学習にも充分対応出来る学力が身に付くと考えているからです。

初めて、このケンちゃんのテスト結果をご覧になっている方へ。ケンちゃんが業者テストを受け始めたのは小学3年生になってからですが、ケンちゃんは小学1年生の4月から、毎日コツコツと家庭学習を続けてきています。決して、突然このテストを受けて、このような結果を出した訳ではありません。出来れば、ケンちゃんの学習日誌の小学1年生小学2年生をご覧下さい。

その学習量を見ていただければ、逆に、これほど頑張っていても、この程度かと思われるかもしれません。世の中には、ほとんど努力しなくても良い結果を出す秀才がいることも事実ですが、努力の仕方を知らない秀才よりも、こつこつと努力出来るほうが素晴らしいと考えています。お母さん方も、テストの外面的な評価に振り回されることなく、日々の家庭学習の大切さを子供たちに伝えてもらいたいと思います。






トップページへ        ケンちゃんの学習日誌小学6年生へ