目次へ

子供たちの筆箱の中を見てみましょう


消しゴムがおもちゃになっていませんか

 子供たちの勉強道具の代表は、筆箱です。料理人の腕を知るには、厨房を見ればよいのと同様に、筆箱の中身を見れば、ある程度その子の学力がわかります。勉強の道具に心配りがない子は、勉強そのものにも心を配らないものです。

 勉強が出来る子の筆箱は、ごちゃごちゃしていません。必要なものが、必要な時にすぐに出せる筆箱になっています。勉強が苦手な子の筆箱は、筆箱が遊び道具(おもちゃ箱)になっているので、消しゴムに手あかがいっぱいついていたり、シャーペンの芯がささっていたりします。

 子供たちが、本気で勉強し始めると、筆箱の中身が整理されます。筆箱の中をきちんと整理して、使いやすい道具にしましょう。

2004/11/07

次へ
目次へ