目次へ

edu(エデュー)の5月号は、お勧めです。


 小学館から出版されている雑誌のedu (エデュー) 2007年 05月号 は、多くのお母さんに参考にしてもらいたい内容だったので、このコラムで紹介することにしました。

 5月号のサブタイトルに、「計算力は、ノート力で決まります。」と書いてありますが、私も大いに賛成です。一般の方が我が子以外のノートを目にする機会は、あまりないと思いますが、今回のエデューの特集では、実際の小学生の良いノートと悪いノートが学年別に紹介されているので、とても参考になると思います。

 この中に書かれていることは、おそらく多くの小学校の先生方にとって、極々当たり前のことだと思います。ですが、案外、その極々当たり前のことが、お母さん方には伝わっていないのではないでしょうか。

 なぜなら、お母さん方が、我が子以外のノートを見る機会がないからです。私自身も、このサイトで良いノートや悪いノートを紹介したいと考えなくもないのですが、実際の子供たちのノートを使うことは出来ません。また、私が手書きで良い例、悪い例として書くことも可能ですが、それではリアリティがありません。

 そういう意味で、今回のエデューの中で紹介されている良いノートと悪いノートの実例は、強い説得力があります。5月号ですので、まだ、店頭に並んでいると思いますので、是非、目を通してみてください。そして、お子さんのノートとの違いを確認してほしいと思います。

 お子さんのノートが、エデューの良いノートの例と同じであれば、一安心です。もし、悪いノートと同じなら、すぐに家庭学習で、正しいノートの書き方を身に付けさせてあげて下さい。

 あと、エデューではあまり触れていませんが、当サイトの学力アップのコツに関するページも参考にして、正しい丸付け正しい間違い直しが出来ているノートにすれば、学力を効率的に伸ばすことが出来ると思います。

2007/04/28

次へ
目次へ