目次へ

ケンちゃんの英語学習計画A


 当初、ケンちゃんの英語学習計画のAでは、4月から始める「はじめての英単語じてん」を使っての学習計画をお伝えするつもりでした。そして、1月から3月までは、前回のコラムで紹介した「元気イングリッシュ」のフォニックス練習のページを使って、フォニックスを練習する予定でした。

 ですが、パソコンでの学習となると、学習量の管理が難しく、このサイトを利用して学習していただいている方々に大きな負担をかけることになると判断しました。また、そのような形での学習では、学習効果にも大きなバラツキが出ることも予測されるので、管理が簡単で学習効果も安定して期待できるテキストでの学習を採用することにしました。

 以前のコラムの「予告には大きな効果があります。」で、英語学習は小5から始めるとケンちゃんに予告していると書いていますが、まだ1月なのにフォニックスの勉強を始めるのは、私が小5から始めたいと考えていた英語学習を始めるための準備学習としてフォニックスを位置付けているためです。

 まあ、フォニックスの学習も英語学習には違いないのですが、私の頭の中でイメージしている英語学習とは違うということです。ケンちゃんも5年生からの英語学習の準備ということで、違和感なく受け止めてくれているので問題はないのですが、以前のところでもう少し正確に設計が出来ていればと反省しています^^;。

 1月から始めるフォニックスのテキストは、英会話のジオスが出版している「はじめてのフォニックス レベル1」を採用することにしました。高額なテキスト(1冊1700円)なので、少しためらいがありますが、CDに合わせて楽しく学習出来るという点では、最も適切なテキストだと思います。

 あと、ケンちゃんには、4月からの「はじめて英単語じてん」での英語学習のためにCDラジオを買っていました。そのCDラジオは、ボタン1つでCDの聞きたいところへ飛べることと、ラジオのタイマー録音が出来ることという2つの基準を満たしていることが条件でした。それをケンちゃんへのクリスマスプレゼントとして早めに買っていたので、今回のCD付きテキストでの学習が可能になったという背景もあります。

 では、実際の学習計画ですが、まず、8・9ページのAlphabet Jingleは、毎日2回ずつ練習します。次に、10ページ以降を1日4ページずつ学習します。1回だけの練習では大きな効果を期待できませんが、このテキストはレベル3まであるので、その3冊全てをこなすことで、ある程度フォニックスが定着するだろうと考えています。

以下に紹介するのが、1月からケンちゃんが使うフォニックス練習用のテキストです。


2008/01/3

次へ
目次へ