目次へ

ケンちゃんの英語学習計画D


 ケンちゃんの英語学習の内容を、来年の1月から変更することにしました。理由は、とても質の良い問題集を見つけたからです。仕事がら、小学生向けの英語テキストを見る機会も多いですが、今回、私の理想どおりのテキスト「小学英語スーパードリル」を見つけたので、小6の春からと考えていた英文の練習を、小5生の1月から始めることにしました。

 この「小学英語スーパードリル」を作ったのは安河内哲也という予備校の有名講師の先生ですが、普段は高校生や予備校生に英語を教えている先生が、これほど小学生の本質を正しく見抜いたテキストを作ることが出来たのは不思議です。まあ、テキストの中に安河内先生のお子さんの事が書かれていたので、我が子用のテキストを作ったのが、このテキストの元になったのかもしれません。

 このテキストを、お母さん方が書店で見かけたら、まず最初に、テキストの一番初めに書いてある「はじめに 〜保護者のみなさまへ〜」を読んでみて下さい。私は、この安河内先生のご意見に100%賛成です。このような考えのもとに作られたこの「小学英語スーパードリル」は、安心して使うことが出来ると思います。

 内容については、実際に書店で「小学英語スーパードリル」を見て下さいと書くだけでは、あまりに不親切なので、安河内先生の小学英語指導の基本的な考え方を、以下に少しだけ紹介します。

○我が子が英語苦手組に入らないようにするために、子供たちの成長ステージに応じて「ちょっとだけ」先取り学習をさせて、「英語が楽しい」「周りよりもちょっとできる」そんな感覚をお子さんに持たせることが一番大切。 

○日本語での知識ベースの上に、英語が乗っかるのだから、この母国語の学習の妨げになるほど英語を詰め込みすぎるのは、おかしい。よく、小学生で英検2級に合格してしまうような「スーパー小学生」もいるが、「国語は大丈夫かなあ」と少々心配になる。(ただし、公立の小学校で、週に1時間や2時間、英語ゲームをしたくらいで、母国語に影響するレベルになることはない。)

○多くの子供たちが、小さな頃から「こども英会話」に通っているが、それで英語が話せるようになったという話はあまり聞かない。(ただし、興味の種まきとしては重要である。)こども英会話の弱点は、ネイティブスピーカーの「音」から学ぶことにこだわりすぎて、文字からの学習をあまりしないことである。バランスよく、目・手・口・耳の学習をミックスするのが理想。

○This is a book.に対して、「そんな英文は、不自然で使わないから学んでも意味がない」という議論をよく耳にするが、日本語を母国語とする日本人、ましてや小学生が、1年や2年で「自然な」英語など話せるようになるはずはない。日本語の学習でも、小学校1年生の「文法的には正しいけれど、とっても不自然な文」を音読し、少しずつ状況に応じてアレンジするということをやっているはず。だから、日常会話で使うか使わないか、自然か不自然か、というようなことにとらわれすぎず、基本のbe動詞や一般動詞の正しい使い方を学ぶとよい。

 以上、安河内先生が「はじめに 〜保護者のみなさまへ〜」で書かれていることを、私なりに抜粋してまとめてみました。

 それにしても、ケンちゃんは運がいいです。これから小学英語を本格的に勉強しようとする時期に、このような素晴らしいテキストが出版された(2008年の8月出版)のですから。このテキストを、1月2日から1日2ページずつやっていく予定です。この小学英語スーパードリルは1〜3まであるので、3冊全てが終わるのは3ヵ月後くらいの予定ですが、他に良質なテキストが見当たらなければ、このテキストの2巻と3巻を繰り返し練習させる予定です。



2008/12/30

次へ
目次へ