目次へ

ケンちゃんの愛読書C


 今回、ケンちゃんの愛読書として紹介するのは、「カリスマ先生の合格授業 日本の歴史」(上と下の2分冊になっています。)という中学受験向けの日本の歴史の解説書です。ケンちゃんは、中学受験をしませんが、中学受験をしない小学生にもお勧めのテキストだと思います。ケンちゃんは、この本を毎日の音読用として使っています。

 なぜ、お勧めかというと、歴史の学習の面白さを教えてくれる本だからです。歴史というと多くの人が、年号を覚えたりなどの大量の暗記をイメージすると思います。それらも大切なことですが、実は、歴史の本当の面白さは、歴史の中で起こる人間関係のドラマや歴史的事実の因果関係を考えるところにあると思います。この本は、そういうことを小学生にも分かりやすく説明してくれています。

 ただし、学校で日本の歴史を習っていない小5生に読ませる場合は、学習マンガで日本の歴史を一通り理解させてからの方がよいと思います。全く日本の歴史の流れを知らない小学生だと、この本を読んでも、それほど面白いと感じることは出来ないかもしれないからです。学校で、日本の歴史を学習した小6生であれば、いきなりこの本を読んでもよいと思います。

 私の経験上、中学生になったときに、社会の点数が良い子は、社会が好きな子です。ケンちゃんは理科は好きですが、社会は好きではないので、テストの結果もよくありません。この「カリスマ先生の合格授業 日本の歴史」を通して、少しでも歴史の面白さに気付いてもらえるとよいのですが^^;。



2009/03/01

次へ
目次へ