目次へ

ケンちゃんの英語学習計画
(ラングリッチ特別編)


 ケンちゃんは、中3生の6月で部活動を引退したのを機に、7月からテレビ電話を利用したフィリピン人の先生との英会話練習を始めました。ケンちゃんが利用しているのは、「ラングリッチ」というところです。今、ケンちゃんは30回程度のレッスンを受け終わったところです。  

 ケンちゃんと同様に、テレビ電話での英会話の練習をしたい人のために、ケンちゃんが始めた「ラングリッチ」について、私が気付いた点を書いてみたいと思います。  

 まず、料金についてですが、現金振り込みの場合は、3カ月分を一括で納入しなければならないので、3カ月分として15000円程度が必要です。(1ヵ月分が5000円くらいです。)  

 英会話練習用の教材は充実していますが、パソコンでダウンロードして使うようになっています。レッスンを受ける時は、画面の片側にスカイプ画面、その隣にテキストの画面を開くとよいと思います。(我が家ではパソコンの画面が小さいので、iPadのiBooksに教材を保存して、iPad上で見ることが出来るようにしています。)  

 教材のダウンロードは、マイページから出来ますが、我が家のパソコンではダウンロード出来なかったので、教材のリストの下の方にあるミラーサイトからダウンロードしています。我が家と同様に、教材がダウンロード出来ない時は注意して下さい。  

 先生方の指導スタイルは様々なので、最初の内は色々な先生のレッスンを受けて、自分のレベルに合った先生を見つけるとよいと思います。ただし、一人の先生ではレッスンを毎日受けることが出来ないので、自分に合う先生を複数人見つけてリストを作っておくとよいでしょう。  

 どの先生も、概ね癖のないきれいなアメリカ英語を使っていると思います。(個人の個性のレベルの違いはあります。)オーストラリア人の癖の強い英語に比べると、アメリカ英語に慣れた日本人には、聞き取りやすいと思います。  

 レッスンは、スカイプというソフトを使って、テレビ電話で受講するのですが、我が家はスカイプを使うのが初めてでしたので、初めの内は使い方に戸惑うところも多く、余計な苦労もしました。我が家と同様にスカイプを使ったことがないのであれば、ラングリッチの授業を受ける前に、スカイプの使い方を練習しておくことをお勧めします。  

 特に、チャットの機能(文字でのやりとり)の使い方を確認しておくとよいと思います。我が家では初期画面でチャットのエリアの見方が分からず、先生が文を送ってくれているにも関わらず、その内容を見ることが出来ずに困りました。  

 リスニングに不慣れな内は、先生の言っていることが分からない時は、文字を入力してもらうと分かりやすいと思います。実際、知っている単語でもネイティブの先生がサラッとしゃべると聞き取れないことも多いです。  

 分からない単語は、ケンちゃんが意味を理解出来ずに困っていると、より簡単な単語で言い換えてくれることも多いのですが、素早く調べることが出来るように電子辞書を手元に置いておくか、ネットの辞書サービスを使えるようにしておくとよいと思います。  

 先生方は、基本的に日本語を使いません。おそらく、日本語を知らないと思います。私は、そのことがよいと考えています。ケンちゃんも、先生方に日本語が通じないことが分かっているので、何とか英語を話そうと努力しています。  

 ただし、先生方がほとんど日本語を使えないことが、受講者にある一定以上の英語力を要求することにもつながると思います。ケンちゃんの場合は、私が隣に座っているので、何をどうしてよいか分からない時には適宜アドバイスをしていますが、中・高校生が自分一人でラングリッチの授業を受ける場合は、英検準2級レベル以上の英語力が必要なのではないでしょうか。  

 ですが、物怖じしない性格で、分からないことがあった時は、「もっとゆっくりしゃべって下さい。」「もう一度言って下さい。」「テキストをタイプして下さい。」などのセリフを英語で堂々と言えるのであれば、英検3級程度でも大丈夫かもしれません。  

 自分に合う先生が見つかると、その先生のレッスンを継続して受けるようになると思いますが、予約は早い者勝ちですので、お気に入りの先生の授業を受けられないこともあります。また、先生方が休みの日もあるので、毎日レッスンを受けようとすると、どうしても複数の先生方のレッスンを受けることになります。先生によって指導スタイルが異なっているので、先生別に教材の進度を管理しておくとよいと思います。  

 ケンちゃんは、主に3人の先生に習っていますが、どの先生もベーシックのアクティビティ1(act1)のエクササイズ1から始めてもらいましたが、先生毎に指導スタイルが異なっているうえに、受講回数の違いもあり、現在の進度はバラバラです。一人の先生は、かなり進んでしまったので、場合によっては最初の頃に戻ってもらおうかと考えているくらいです。  

 通信回線については我が家はADSLの8Mですが、普通に使うことが出来ています。たまに瞬間的に途切れることがあるのですが、使用上の問題はほとんどありません。  

 最後になりましたが、ラングリッチは、安価な受講料で良質なネイティブスピーカーと英会話のレッスンが出来る素晴らしい仕組みだと思います。グローバルな世界を生きる多くの若者に、もっともっと活用してもらいたいと思います。  

<<ケンちゃんからのアドバイス>>  
 これは私の書いたラングリッチのまとめを見たケンちゃんからのアドバイスなのですが、各アクティビティのエクササイズ2や3では、穴埋め問題や並び替え問題などがあります。これらの問題について、ケンちゃんは「先生方の前では緊張して普段出来ることでも出来なくなるので、あらかじめノートに答をまとめておいた方がいいと思う。」と言っていました。ケンちゃんのように人前で緊張するタイプには、このアドバイスも役立つのではないでしょうか^^;。  


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  
ケンちゃんが30回程度レッスンを受けたところで、ラングリッチを受講する前に知っておいた方がよいと思う英単語の簡単なリストを作ってみました。授業を受ける前に、これらの単語の意味と発音を覚えておくことをお勧めします。

ラングリッチの授業を受ける時に知っておくと便利な英単語

blank 空欄
whole sentence 全体の文
complete sentence 完全な文(主語と動詞がある文)
assignment 宿題(ホームワーク)
greeting あいさつ
rearrange 並べ替える
example 例
common 一般的な
singular 単数の
stress 強調
prolong 長く伸ばす
mention 〜について話す
describe 述べる・説明する
proceed 次へ進める
discuss 話し合う
emphasize 強調する
exam(examination) テスト
facial expression 顔での表現
pronounce 発音する
pronunciation 発音
continue 続ける
vocabulary 語彙(単語)
antonym 反意語
dialogue 対話
conversation 会話
tongue twister 早口言葉
review 復習する
syllable 音節

また、相槌としてYesやOKなどと併用するとよいものに
I think so.
Really?
I see.
などがあります。    

2012/08/17

追記  便利な英単語を追加しました。(早口言葉・復習する・音節)
2012/10/01


ラングリッチのskype英会話。
すぐに試せる無料体験レッスン×2回

次へ
目次へ